<   2005年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
親類で嫌いな奴




生き辛さを訴える100の質問より

○辛いでしょうが自己紹介をどうぞ○(任意)

09.親類に苦手な人はいますか?



はい。

父方のいとこ(男性)が。
他に、もうひとり、やはり父方のいとこ(女性)が。


幼少期に感じていたもの、って、大人になっても引き摺りますね。
男性のいとこに至っては
彼は身体が弱くよく入院していたり留年していたという話を聞きましたが
それを聞いて、「心配だなぁ」なんてことはこれっぽっちもおもいませんでした。

女性のいとこについては
もはや興味さえない、という心境ですね。



こうして冷静にみてみると、わたしの父方の親戚にはあまり良い印象を持てる人が少ない。

でもまぁ、もう10年以上も会ってないから、
今頃どこでどうしているのかさえ、知らないんですけどね・・
[PR]
by Q100Q | 2005-03-30 15:56 | 生き辛さを訴える100の質問
同居人が嫌いか?




生き辛さを訴える100の質問より

○辛いでしょうが自己紹介をどうぞ○(任意)

08.その中に嫌いな人はいますか?




なんてったって2人暮らしなわけで、その中で嫌いな人がいるか?、と問われても、ねぇ・・(苦笑)

同居人のことは、すきですよ。
もう長いから、惚れたはれたな感情は正直、失せてますけどww

なによりこんなわたしのような女と、暮らしてくれている、ってことだけでも凄い人だな、と思います。


ですので、居ません。



まぁ、たまにはむかつくこともあります。
毎日、ほとんど定刻に帰ってきてまじめな人ではあるんだけど
たまにそんな慣習がうざく思えるような時もあるのです。(スミマセンmm)

たまに夜勤とかある仕事の旦那だったら、
なにげに一人の夜が過ごせて気分転換にもなりましょうに・・、なんてフトドキなことを思います。





たぶん、だけど。
このひととわたしもし、別れたとしても、
この人のこと、嫌いにはならんだろうな、とそんな気がします。
[PR]
by Q100Q | 2005-03-30 11:08 | 生き辛さを訴える100の質問
何人暮らし??




生き辛さを訴える100の質問より

○辛いでしょうが自己紹介をどうぞ○(任意)

07.今は何人で暮らしてますか?



2人暮らしです。


ちょっと前までは、通い猫がいましたが、今はいません。
今の相方と2人暮らしになって10年以上が経ちました。

一人暮らしのようでもあります。
いいえ、相方は意外と真面目な男だったようで、毎日きちんと帰ってきますが
共にご飯を食べたら、特にふたりいっしょに何をする、ということもなく、
それぞれがそれぞれのやりたいことをして過ごし
朝になれば、相方は仕事に出かけていく・・というパターンですので
一人暮らしのようでもあります。


でも
全くの完全な一人暮らし、っていうのを経験したことありますが、
あれ、やっちゃうと、ほんと気楽、というか、
あれ以上のハッピーライフはないわ、と思えるほどわたしの性には合ってるようです。

確かにひとりはさみしい。
でも、二人で居てもさみしいのなら、
ひとりでのさみしさの方が、納得できます。


深夜に誰を気にせずとも、部屋の掃除もできるし、
経済的に許されれば
わたしは一人暮らしを望んでいます。
[PR]
by Q100Q | 2005-03-14 12:30 | 生き辛さを訴える100の質問
地元が好きか、って?



生き辛さを訴える100の質問より

○辛いでしょうが自己紹介をどうぞ○(任意)

06.地元が好きですか?



昔は、嫌いでした。今は・・・わかりません。。


故郷を捨ててしまったわたしとしては、〔地元〕という言葉を久々に使いました。

だからなのかな。
好きか?、って訊かれてもわかんないよw


ときどき、ネットで同郷の人が作ってるサイトやblogを見つけると
なーんか覗いちゃうんだけど、
そういうのも郷愁っていうのかな。


地元、って、幼少期の友達、と必ず一緒のイメージがある。
わたしにはそんな友達いないので、やっぱ、地元、って苦手なのかな・・
[PR]
by Q100Q | 2005-03-12 18:51 | 生き辛さを訴える100の質問
現住所・・



生き辛さを訴える100の質問より

○辛いでしょうが自己紹介をどうぞ○(任意)

05.今はどこに住んでますか?



生まれたところよりやや東方面。

冬は数度、雪が降ります。
意外と田舎で、窓の外は畑が一面に広がってます。

賃貸アパートです。
1階です。
6畳2間にダイニングキッチン。お風呂とトイレ。ガレージ。



わたしは実家を出てから、一箇所に長く住み着いたことがありませんでした。
でもここは既に12年目。
ここのアパートでも古株な方だろう。


この土地は、案外わたしに合ってるのかもしれません。
ご近所のつきあいもなく、気軽です。
[PR]
by Q100Q | 2005-03-10 14:08 | 生き辛さを訴える100の質問
わたしの故郷




生き辛さを訴える100の質問より

○辛いでしょうが自己紹介をどうぞ○(任意)

04.出身地は言えますか?



日本の真ん中辺です。

真冬でも、お池に氷が張る程度の温暖な地方でした。
今、思えばとってもいい場所だったんだなぁ・・とおもいます。

暮らしている当時には気付かない良さも、離れてみて何気に解るものかもしれません。


父も母も祖父母もその土地近辺の人たちでした。
だからわたしにはその土地の血が濃く流れているんだろうな、と感じます。


わたしの故郷には、方言などというような、強いものではないんですが
語意というか、語音のニュアンスで同郷の人だと察する瞬間、ってありますよね。
わたしの喋り言葉の中にも、そういうものがあるらしいです。


高校卒業までの18年間。
そしてその後すこし間を空けての数年間。
わたしはあの町で過ごしました。

でももう二度と、帰ることはないでしょう。
帰る場所もないでしょう。
[PR]
by Q100Q | 2005-03-07 12:53 | 生き辛さを訴える100の質問
わたしのおしごと



生き辛さを訴える100の質問より

○辛いでしょうが自己紹介をどうぞ○(任意)

03.職業は教えられますか?



現在、収入を得ている方法を〔職業〕と呼ぶのであれば、わたしのそれは「ヒモ」である。

学歴は人さまに誇れるものはなく
おのずと職歴も同様。
だから、腹の奥底では本当はわたし、ブランド志向が強いのかもしれない。

有名な会社の社員であるとか、●●大学卒であるとかのネームバリューに弱いのかもしれない。

でも、そういう自分は出さず
「たとえ中卒でも、立派に社会生活できてりゃいいよね」なんてうそぶく。


そんなわたしはかつて自分の職業を偽って、名刺まで作成したことがある。
キャリアウーマン気取りでそれなりの格好をして、名刺に留まらず、バッヂまで。



今はもうそういうことにあまり萌えない自分がいる。
好意を持った相手に、
いかに自分を高く評価してもらえるか、
それで頭がいっぱいだった時期のおはなし。

自分はこの程度のダメ人間なんだ、と認めてしまえばこれほど楽なことはない。


はぃ。わたしは現在、ヒモ生活してます。
[PR]
by Q100Q | 2005-03-06 15:04 | 生き辛さを訴える100の質問
わたしの年齢



生き辛さを訴える100の質問より

○辛いでしょうが自己紹介をどうぞ○(任意)

02.年齢を言いたいですか?





わたしはすこし変なのかもしれないけど、「いくつなの?」と訊かれたとき
実年齢よりも上の年齢でサバよむことがある。

そうすると、「ぇ?!、とてもそうは見えない!若く見える!」と驚かれる。

こんな妙な癖を身につけてしまったのはいくつの頃からだろう・・



ところで、ほんとうのわたしの年齢は・・・  忘れマシタww





電話で話すときの声は、若く思われるらしい。
いつだったか普通に電話に出たら
「あぁ、お母さんいますか?」と訊かれ?「いません・・」と正直に答えると
「今日は学校、お休みしちゃったのかなぁ?」・・と、
まるで子どもをあやすかのような言い方で言われた。


・・・。
[PR]
by Q100Q | 2005-03-05 17:38 | 生き辛さを訴える100の質問
わたしのおなまえ



生き辛さを訴える100の質問より

○辛いでしょうが自己紹介をどうぞ○(任意)

01.名前は言えますか?





すみません。
今日は名前は言いたくありません・・・。


〔名前〕ってなんなんだろうな・・
〔記号〕みたいなものなのかな・・
ううん、親はおそらくかなりな思い入れでつけるもんだろう。
でもわたしは自分の本名が、好きではない。


親から貰った本名のほかに、わたしには数え切れないほどの名前があります。
親以外から貰った名前で、まず最初の名前は・・・

お水の世界での源氏名。
これは入店の際、面接官だったおっさんがつけてくれた。
その夜から、今まで一度も呼ばれたことのない名前で呼ばれ、わたしは笑顔で応えていた。
意外と順応性、あるんだな、と己に感心した夜。。

お店を換わったのを機に、源氏名も改名した。
そのときはすごく違和感があった。
でも数日後にはなじんでいた。



ネットするようになってから、ハンドルネームの存在を知る。

ずぅーっと長く使うものだから、と、かなり考えて決めた最初のハンドルネーム。
でも、わずか1年余で消した。
それからは、「名前を換えればやり直せるんだ・・」みたいな感覚になってしまって、
もう数え切れないくらい、名前を換えた。

だからかな。
〔名前〕というものに、深い感慨はない。
今では、ハンドルネームなんて、数字で充分、ぐらいに思えている。



・・・。
ちょっと哀しい。


ちなみに現在のわたしのハンドルネームは、嫌いな本名をもじったものです・・。
[PR]
by Q100Q | 2005-03-05 12:02 | 生き辛さを訴える100の質問
生き辛さを訴える100の質問(質問全披露)



生き辛さを訴える100の質問

以下← に掲載
[PR]
by Q100Q | 2005-03-05 11:50 | 生き辛さを訴える100の質問