<   2006年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
辛さと安堵


生き辛さを訴える100の質問より

○辛いでしょうが過去についてどうぞ○(任意)

18.ある方は辛さを、無い方は安堵を訴えてください


双方、ないといえば無い。


辛さ。

嘘を吐いていること。
嘘も吐き通せば真実になるなんて、思ってやしない。
コンプレックスを拭いきれないこと。
そのコンプレックスを素直に認められないこと。ごまかすこと。
他人に対しての感情であれば、消化できるのに、己の中に向けての感情は無理。




安堵。

眠れること。
ゆいいつそれのみ。
[PR]
by Q100Q | 2006-06-22 11:57 | 生き辛さを訴える100の質問
いじめ


生き辛さを訴える100の質問より

○辛いでしょうが過去についてどうぞ○(任意)

17.いじめに関わった経験はありますか?


いじめましたし、いじめられもしました。


基本的に強い仲間意識の中で生きるのが苦手です。
それは幼稚園児だった頃からそうでした。
小学校、中学校と進み、高校に行く頃になってもそれはあまり大きく変わることはなく、
本音を言えばひとりでいるほうが気楽だった。

でも団体生活の中でそれをやるとやはりある意味、目立つわけで・・・ww
いじめの対象になっちゃったんでしょうねぇ。



村八分のようなメに遭ったことがありました。
無視されるわけです。
でもそれはさほど不安ではなかったかな・・・(苦笑~~


ただ、すきな人の前ではこんなわたしでも、皆から嫌われていじめられているとは思われたくなかった。

そこが唯一、にんげんとしての最後の砦のようなものだったのかもしれません。
そこがあったから今のわたしが未だあるんだとおもいます。




理由とはなしに生理的な部分でどうしても嫌いな子がいていじめたことがあります。
正直、反省はしていません。
でも後悔はしている。

彼女に悪かったな、とは思えないんだ。
じゃあ、彼女が悪かったのか??

いや、そんなことはないだろう。
生理的に嫌悪感をかんじてしまう相手に、なぜわたしは自ら関わっていこうとしたのか、
嫌なら、行かなければいいのに。







やっぱ腹黒いっすね<わたし。
[PR]
by Q100Q | 2006-06-03 00:01 | 生き辛さを訴える100の質問